本来、皮膚の線維芽細胞には肌に弾力性と張りを与え、つやを増す効果をもつコラーゲンやエラスチンをつくる働きがあります。
しかしながら、加齢や紫外線などでダメージを受けると、その働きは弱くなってしまうのです。
その結果、お肌のハリや弾力が衰え、たるみやシワが目立ってしまうのです。

さて、そうなってしまえばどうするか?

「減ってしまったらコラーゲンを増やせ!」とばかりに、動物や魚など外部のコラーゲンをお肌に塗っていることが多かったのです。

しかし、動物や魚のコラーゲンを塗っても、お肌のコラーゲンにはならないのです。

では、どうすればよいか?

その答えは、京都大学で生まれた画期的なエイジングケア成分として話題の、ナールスゲンです。

ナールスゲンは、コラーゲンやエラスチンなどをつくり出す機能が低下した休眠状態の線維芽細胞にアプローチして、活性化させます。

そして、線維芽細胞の力でコラーゲンやエラスチンを作らせるのです。つまり、外部からではなく、お肌自らの力でコラーゲンを産生することをお手伝いするのがナールスゲンです。

細胞内でのコラーゲンの産生量が2~3倍に、

肌の張りに必要不可欠な成分であるエラスチンの産生量も1.5倍以上に増加することが

実験で確認されています。